セックスボランティアについて

ボランティアの女性は医療用の手袋をはめて自慰行為を手伝うのが一般的

ヨーロッパの介護サービスは日本よりも一歩先をリードしています。

また日本ではタブー視されている性行為に関する介護サービスも行っているのです。

セックスボランティアはオランダが発祥と言われており、10年ほどの間に日本でも導入されるようになりました。

要介護者の性欲に関してはまだタブー視されているため一般的なサービスではありませんが、男性の障害者の中にはこのようなボランティアを望んでいる方も多いのです。

男性の場合自慰行為をするのはごく一般的なことですが、脳性まひなど障害がある方は自分で手を使い自慰行為を行うことができません。

セックスボランティアというのはそのような方をお手伝いするボランティアのことで、性欲を満たすための行為とはやや異なります。

障害者は風俗サービスを利用することが難しいため、ボランティアの女性が自宅で自慰行為を手伝ってくれるというのは非常に需要の高いサービスでもあるのです。

ボランティアの女性は医療用の手袋をはめて自慰行為を手伝うのが一般的です。