セックスボランティアについて

障害のある人たちが、性的に充実した生活を送れるようにするために

セックスボランティアという言葉を聞いたことのある人はあまりいないでしょう。

初めて、セックスボランティアという言葉を聞いた人は、セックスとボランティアという意外な言葉の組み合わせに驚くのではないでしょうか。

 

このセックスボランティアというのはどういうものかというと、相手の性欲を満たしてあげるボランティアになっています。

直接、体を重ねて性行為をするわけではありません。

手を使ったり、道具を使ったりして、相手を性的に満足させてあげるわけです。

 

どんな人がセックスボランティアを利用するかというと、主に障害のある人たちが利用します。

障害のある人は普通の人のように自分でオナニーをすることも難しい場合があります。

障害のある人も普通の人と同様に性欲がありますから、性的に満たされない状態が続くのは精神衛生上よくありません。

だからといって、お金を出して風俗に行けるほどの金銭的余裕はなく、また障害者に理解のある店も少ないわけです。

そんな障害のある人たちが、性的に充実した生活を送れるようにするためにセックスボランティアが存在しています。